結婚相談所 紹介

40歳から始める婚活入門! » お見合い~1stシーズン開幕 » 結婚相談所の入会初日から「紹介」が殺到した勝因とは?
no

結婚相談所の入会初日から「紹介」が殺到した勝因とは?

「紹介」が殺到した!

ブライダルパートナーズへの入会手続きが終わり、IBJのシステムへの登録も完了し、いよいよ管理画面が使えることになった。忘れもしない、5月の11日だった。

当初、非常にのんびりと考えていた。自分の希望する条件で検索して当てはまる女性がいたらお見合いを申し込もうと普通に考えていた。ところが、夜になってドドっと相談所から紹介があったのだ。

「紹介」と「申し込み」の違いについて

ここで「紹介」と「申し込み」の違いについて少し解説。私の会員情報が登録されて、IBJのネットワークのポータルサイトのトップページに「新着情報」として掲載されます。非常に目立つ位置にあるし、たいてい新着情報はみなチェックするので目立ちやすいです。

ここで気に入った異性がいたら、その人を「お気に入り」に登録することができます。いわばブックマークしておくようなものです。この中からお見合いしたいと思った人に申し込むことになります。

お気に入りに入れると、その情報は相手側に伝わり、「会員情報○○○番の女性があなたをお気に入りに登録しました」と自分の相談所経由で「紹介」されるわけです。さらに実際にお見合いの申し込みがあれば「お見合いの申し込みがあった」と連絡を受けることになります。

プロフィールの勝因について

登録した初日に「紹介」が殺到したということは、私のプロフィールの完成度が高く、女性のお眼鏡にかなうものだったという証明になります。

私の勝因は自己分析するにたぶん、

  • 有名私大を卒業している
  • 一応、年収が600万以上
  • 次男である
  • 一人暮らしで家事ができる
  • 完成度の高いプロフィール写真
  • 戦略的な自己PR

だと思われる。いい条件が揃えば容姿は普通でも需要はあるということですね。

個人的な感想ですが、学歴は名前の知られている大学卒なら問題ないが高卒はそれなりにプラスαの要素が必要かも。年収は20代なら最低でも400万以上は欲しいところ。30代なら500万くらいは必須でしょう。長男よりは次男の方が有利。実家暮らしは20代前半までで、それ以降は「依存」「甘え」「自立できない」「家事ができない」「マザコン」などマイナス要素にしかならないでしょうね。


婚活でお金がかかって心配な方へ⇒http://okane-karireru.com/
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL