代々木公園 ベトナムフェスティバル

40歳から始める婚活入門! » お見合い2ndシーズン交際編 » Eさんと5回目のデートは代々木公園でベトナムフェスティバル
ベトナムフェスティバル

二股がいよいよ大詰めに

9月に入り、二股状態でやきもきしているうちにあっという間に中旬になってしまった。この段階でも正直、迷ったままだった。「接触回数×熱意」で関係が深まるなら、Eさんの方が深まるスピードが速いかも。

本命Cさんはどうしても2週間ほど間隔が空くので進展が難しい感じ。こういってはなんだが、もう運を天にまかせてどっちを選んでもいいやとさえ思っていた。なるようにしかならないし。

ただし、相談所が基準としている「3回くらいで真剣交際を決める」というのも個人差があることだし、先伸ばしのようだが、もう少しこのままで行くことにした。

「オンリーユーLOVEアタック」とは?

いつもチェックしている婚活ブログを読んでいたら、女性はみんな男性からの「オンリーユーLOVEアタック」を待ってると書いてあった。複数交際が認められているお見合い交際期間で「あなただけ」「好きです」というオンリーユーラブアタックを繰り出す。

正直、こんな造語があるとは知らなかったが、自戒の念を持って、いつの日かできるようにしたいと思う。だってアタックを受ける側からすれば絶対嬉しいもんなぁ。心がグラグラ揺れるに決まってる。

代々木公園のベトナムフェスティバルへ

さて5回目のデートは直前までどうするかプランが決まらず、東京ウォーカーのイベント情報を頼りにEさんにベトナムフェスティバルはどうかな?と聞いてみたところ、行ってみたいとの返事で、プランが決まる。

代々木公園
いつものように早めに代々木公園へ向かう。代々木八幡駅を下りて会場へ行くと、すごい人だかりと蒸し暑さ。待ち合わせのためにいったん駅まで戻り、近くで団扇(うちわ)を買う。風がないから蒸し暑いのだ。

ベトナムフェスティバル
Eさんと合流して代々木公園へ。ちょうどお昼だったので、どの屋台にも行列ができていた。まず食べたのが、ベトナム風のホットドッグっぽい、バインミー。次にマンゴーのアイスクリーム。そしてイサーンソーセージ。最後に緑茶を。

ソーセージはやたら辛かったし、エスニックな感じでやや胃に重たい感じ。白いご飯が欲しいなぁと思った。途中、雨が何度も降ってきた。最後に「ディエンチャン」という顔のツボをイガイガのついた棒で刺激する民間療法を受ける。

15分で2000円で、専門の学校の生徒さんが担当してくれた。終わった後にすごい視界がくっきりした。この学校に興味がわいたが、学費を見るとけっこう高い。でも自宅でスッキリできるので、習ってみたいかも。一度渋谷にあるお店に行ってみたい。

最後にお茶を飲む

会場を後にして近くのレストランでお茶を飲む。そこでいろいろEさんとお話する。Eさんからはよく母親の話題が出る。今も同居しており、ときおり見せるモンスターぶりに苦労させられているようだった。

実はそれにうまく対処して大人の考えができるようになったのもけっこう最近らしい。反面教師にしているところもあるようだ。母親は周りを振り回す傾向があるようで、時間にはルーズで遅刻しても言い訳するタイプ。ケンカになると昔の細かなことまで持ちだしてくるとか。

この時点でも本命Cさんとの仲は正直、あまり進展はしていない。距離が縮まらないのだ。もう「なるようになれ」の心境。なにかきっかけがあればいいのだが。

>>次回はとうとうEさんにお断りをしました!


婚活でお金がかかって心配な方へ⇒http://okane-karireru.com/
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL