セルフイメージ 婚活

40歳から始める婚活入門! » ブライダルネット体験談 » ブライダルネット、初めての女性との会話2
no

ブライダルネット、初めての女性との会話2

話していて引っかかった点とは?

前回の記事でAさんの婚活が長引いていることが分かった。そして少し自信を失っていることも。Aさんのプロフィール写真はアバターではなく普通の顔写真を使っているのだが、すこぶる表情が固い。その点について聞いてみた。

するとAさんはモデルや女優さんのように綺麗な写真を撮られることに抵抗意識があるという。普通、女性って写真に撮られるのが好きじゃないの?と不思議に思う。たしかにプロフィールの写真はすっぴんに近いナチュラルメイクだ。

どうも自分を飾ることに抵抗があるようで、今時の若い子のようにつけまつげやカラコン、髪を染めるとかが苦手。だから素のままで勝負したらしい。これは年齢的に似合わないからという理由ではなく、セルフイメージの問題があると見た。

Aさんのセルフイメージ

話をしていると、Aさんには「自分にはリボンとかフリルのようなガーリーなファッションは似合わない」というセルフイメージがあるらしかった。しかも昔から。だから学生時代もこういう女性らしい格好よりもジーンズなどラフな格好ばかりだったという。

ここでなるほどそうだったのかと納得がいった。会ったときから感じていた不思議な違和感の正体が分かったのだ。それは自分より一つ下の39歳のわりには年相応の女性が醸し出す色気のようなフェロモンに欠けていたのだ。

自分自身の女性性を否定して人生を送ってきたせいか、その人が持つ本来の魅力を発揮できていない感じ?分かりやすく下ネタ的な言い方をすれば「人柄は良いけど、チンポは立たない」だろう。オトコならこの感じ分かってもらえると思う。

自分の女性性を否定した結果…

いくらいい人で、仮に結婚したとしても、奥さん相手にチンポが立たないのでは夫婦生活も危機なのでは?と一瞬の間に本能で判断してしまうのだ。勝手な想像で申し訳ないけど、Aさんが今まで婚活でうまく行かなかったのは、そういう部分で女性としても魅力に欠けると判断されてしまったからだと思う。

無論、男性は内心そう思っていたとしても、決してAさんにそのことを言わないだろうから本人は気づいていないのかもしれない。でもAさん自身もより女性らしさをアピールしようという意思にやや欠けている一面があるのもたしか。

>>この回、さらに少し続きます


婚活でお金がかかって心配な方へ⇒http://okane-karireru.com/
簡単ネット審査で借入可能か即回答!すぐ借りれるカードローンは?

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL